TOP PAGE » パスサッカーとカウンターサッカーを比較

パスサッカーとカウンターサッカーを比較

サッカー対決

サッカーには、主にパスサッカーとカウンターサッカーがあります。日本を含めた世界には多くのサッカーチームがありますけど、パスサッカーをするチームもあれば、カウンター主体のチームもあります。そこで、この2つの戦術を比較した上で、それぞれの特徴についてお話していきます。まず、体力を消耗しにくいのはパスサッカーになります。パスサッカーは、守備をする時間帯が短く、自分たちで試合をコントロールしやすいです。つまり、体の負担が小さいという事です。

しかし、カウンター主体のサッカーは、守備をする時間が多くなるので、自分たちで試合をコントロールするのが難しくなります。攻撃よりも守備の方が疲労蓄積されやすく、体力の消耗が激しいです。また攻撃の時も素早く攻めることになるので、多くの選手がダッシュをする時間が長くなり体の負担になります。このように体力面と試合のコントロールを考えると、パスサッカーの方が優れているといえます。しかし、カウンターサッカーは、効率よく攻めることが出来ます。

GOAL

相手が攻めてきた時にボールをカットして、素早く前線の選手にパスをします。相手の選手は攻撃をしている途中でカットされたので、守備の陣形が出来ていないこともあり、自分たちは数人の選手だけでゴールを奪うことが出来ます。守備の選手がわざわざ攻撃に参加しなくてもゴールが奪えるのです。このように、パスサッカーとカウンターサッカーでは、特徴がまったく異なっており、それぞれにメリットがあります。