TOP PAGE » サッカーの基本

サッカーというスポーツの基本

サッカー

サッカー未経験者の方のために、基本中の基本を書いてあります。

サッカーは1チーム11人編成でプレーするスポーツであり、ボールを相手のゴールに入れて得点を競うスポーツです。

試合時間は前半45分、後半45分の合計90分で行われ、引き分けなどで勝敗が決まらなかった場合はさらに30分延長してゲームが行われます。それでも勝ち負けが決まらなかった場合は各チームから5人の選手を選んでPK戦を行ってより得点を取った方のチームが勝ちとなります。

また、大会のルールで多少は違ってきますが、スターティングメンバーでプレーしている選手とベンチ入りしている選手を3人から7人まで交代することができます。
しかし、どのタイミングでも交代できるというわけではなく、ファールで試合が一時的に中断したときや、ボールがタッチラインを出たときにベンチ入りしている選手と交代することができます。
しかし一度試合に出た選手は再度交代で試合に出ることはできないようになっています。

得点数と選手のポジション

サッカー 女性

サッカーは、相手のチームのゴールに入れれば得点が入り、自分のチームのゴールにボールを入れられれば相手のチームに得点が入るという単純なルールから成り立っています。

これは基本のルールであって、初心者がもっとサッカーを面白く感じるためには知識が必要です。

サッカーは得点のシーンだけではなくて、そこまでのプロセスや選手同士の駆け引きが面白いスポーツです。入れた、入れられたというだけでは、本当の面白さは理解できません。

サッカーは他のスポーツに比べて点の動きが少ないのが特徴です。他のスポーツでは手を使うことができますが、サッカーは手を使うと反則(ゴールキーパーはOK)なので、器用さが求められるために点が入りにくいです。
試合によってはドロー、延長戦に突入することもあります。

得点を狙う、パスをする、ゴールを守る、ポジションごとにそれぞれ選手には役割があります。役割はプロでは最初から決まっていて、その選手の適正によって決められます。
自分がやりたかったポジションを必ずしも任せられるわけではなく、候補から外れてしまう選手もいます。
そんな背景を考えながらサッカーを見ると、もっと楽しくなります。