TOP PAGE » 外国人監督のポリシー

サッカーの外国人監督はポリシーを持っている

サッカーの監督

Jリーグができて約20年経過しました。
その期間、海外から来た監督はトルシエやオシム、ファルカンなど沢山います。

その中にはサッカー日本代表チームのヘッドコーチまで務めた人もいます。
Jリーグのチームが海外に監督の人材を求める理由は短期で結果が出せるという事です。彼等はその実績を肩書にチームを渡り歩き、契約したチームの結果を出して更に良い条件のオファーがれば転出する事を繰り返しているのです。

特にカリスマ性のあるヘッドコーチに対しては日本からのオファーが殺到したこともありました。海外からのサッカー監督は特に基本に忠実で走る事の重要性説きランニング中心のメニューが多く、相手選手を走力で抜き去り裏を取る戦術を好みます。従って走力の無い選手は脱落していくのです。

それからファイティングスピリットの大切も説明し試合中に気迫の無いプレーをした選手はたとえチームの看板選手であっても容赦なく交代の指示を出すのです。自分のやりたい事、目指す方向を示して、その戦術に合わない選手は使わないという意思表示をします。
それらがチームに浸透し始めますと成績が上昇し始めるのです。

サッカー

成績が上がり始めるとマスコミを含めた各方面から注目され始め良い指導者として評価されるのです。
いい意味で、外国人監督はスター選手であったベテラン選手でも、自身の戦術に合わなければ試合には出場させません。
日本人監督は、とうしても選手に気を使っているイメージが残ります。