TOP PAGE » 全国各地で開催 Jリーグ

全国各地で開催しているサッカー Jリーグ

サッカー

当初は首都圏や関西地方などの都市部にチームが集中していたJリーグですが、現在では北海道から沖縄まで全国各地にチームが存在していて、サッカーの普及のために様々な活動を行っています。

Jリーグの各チームは試合が開催される週末だけではなく、平日にも様々な活動を行っていて、幼稚園や小学校を回ってサッカー教室を開催したりしています。2000年前後は人気が下降して観客動員数が落ちてしまうこともありましたが、徐々に人気を復活させて、現在ではピーク時とほぼ同じ平均観客動員数にまでになっています。

近年では大型の放映権の契約を有料動画配信サイトと締結するなど、営業面でも大きく状況が改善していて、今後ますます規模を拡大していくことが期待されています。

実際全国にJリーグを目指すチームが次々発足していて、いわき市に設立された、いわきFCは大規模な投資が行なわれており、サッカーファンの間で話題になっています。スタジアムもサッカー専用のスタジアムが続々建設されていて、観客のホスピタリティの面でも状況が良くなっています。

良い選手が集まりやすいサッカーJリーグのFC東京

日本の国内リーグであるJリーグには多くのクラブがあり、選手もそれぞれのクラブで活躍していますが移籍が行われることは珍しくありません。また、高校や大学を卒業した新卒選手や外国人選手もJリーグに加入するときはクラブを選びます。そのとき、良い選手が集まりやすいのがFC東京です。

その理由としてまず挙げられるのは、東京という日本一の大都市に本拠地があることです。サッカー選手は若く、サッカー以外の生活も充実させたいと考えていて東京で暮らせることは大きな魅力なのです。また、外国人選手にとっても東京の街は一大ブランドになっていて、アピールポイントになります。

また、FC東京が攻撃的なサッカーを指向していることも理由の一つです。ボール保持率を高め、パスをつないであいてゴールに迫るサッカーを目指して練習に取り組んでいて、多くの選手に好まれるスタイルなのです。このスタイルは選手のテクニックが重要になるため、必然的に優れた選手が集まりやすくなるのです。

さらに、代表監督の視察が多いことも理由に挙げられます。代表監督はJリーグの多くの試合を視察していますが、東京のスタジアムで開催される試合には足を運びやすく、監督の目にとまりやすいのです。