TOP PAGE » サッカーを楽しく観戦

サッカーをよく知らない日本人でも楽しく観戦する方法

サッカー

サッカーをよく知らない日本人でも楽しくサッカー観戦をすることは出来ます。それにはサークルに入るといいでしょう。

初心者で何も知らなくても歓迎してくれます。むしろサークルでは何も知らない人ほど歓迎してくれます。

サークルの運営者たちはサッカーの話がしたくて仕方がありません。特にサッカーに興味がない人が興味を持つようにするというのは一種の生きがいのようなものを感じることができます。何しろ何も知らないということは、それだけ多くの事を教えてあげられるということですから、何も知らない人ほど歓迎してくれます。
ですから初心者だからとか、何もし知らないからということで尻込みする必要はありません。サッカーは誰でも見て楽しめるのが魅力のスポーツです。

何しろルールは簡単でボールを相手ゴールに入れればいいというだけです。その時に手を使ってはいけないというだけのルールがあるだけで、後は見ていればわかります。ですから、誰でも観戦して楽しむことが出来るのです。

また、ブックメーカーで勝敗予想をしながらサッカー観戦をすると集中力がアップします。
それなので、サッカーをすぐに覚えることができますし、新たな発見があります。サッカーファンにブックメーカーはおすすめです。

サッカーの知識を身につける!基本のプレー

サッカー

サッカーは1チームが11人で構成されており、ゴールキーパー以外は絶対に手を使ってはいけません。
各チームに1名だけゴールキーパーという特別な役割を担うポジションを与えられますが、ゴールキーパーのみがゴール前の限られたスペース内に限り、手やからだでボールを扱うことが許されています。

サッカーはジェントルマンのスポーツなので相手チームの選手を掴んだりすることも反則行為として扱われます。相手チームにボールを入れて得点をとるスポーツですが、時間内により多くの得点を入れたチームが勝ちとなります。

試合時間は前半45分、後半45分の合計90分ですが、試合終了時間になっても引き分けであった場合のみ、30分の延長時間が与えられます。それでも勝負が決まらなかった場合は、各チームより5人の選手を選んでPK戦に持ち込みます。