TOP PAGE »

サッカーのデータはブックメーカーにある

サッカーグラウンド

サッカーのデータを知りたいときに役立つのがブックメーカーです。
「試合前、あの試合はどちらのチームの方が有利だったのか」
「歴代のシーズン得点王やアシスト王を知りたい」
「サッカーのデータを知ることが好き」
など、サッカーファンであればあることでしょう。

ブックメーカーは世界のサッカーを対象にしているので、ありとあらゆるデータが揃っています。過去データや対戦世紀を参考にしてもらい、勝敗予想をしてもらうことがブックメーカーの役割だからです。
ビッグクラブや強豪国だけではなく、Jリーグやアフリカ、日本では認知度が低い国のプロリーグまでもがブックメーカーにはあります。

過去のオッズデータを知ることもブックメーカーのデータを見る楽しみです。
「昨シーズンのCL決勝オッズは?どちらが優勝したのか」

ブックメーカーは世界規模なので、一部の国のサッカーに特化していないのが一番の魅力でしょう。

別にアカウントを作成しておいて、必ずかけなければならないというわけではありません。
特典として、無料でサッカーの試合が視聴できます。日本で放送されない試合がある場合は、ブックメーカーをチェックしてください。

ヨーロッパのサッカーは日本とスケールが違う

サッカーボール

日本サッカーJリーグも大変に盛り上がるスポーツで、その中でも日本代表に選ばれるほどのスター選手ともなれば、多くのファンたちから憧れられる存在となります。
しかし、日本よりもサッカーに対する人気が高く、また長い間人気を保ち続けているヨーロッパの強豪国のスター選手の中には、単なるスポーツの世界での人気者の枠を超えて、国の英雄のような存在にまでなる人物が少なくありません。

日本の選手と比べると、ヨーロッパのトップ選手たちの受ける年俸はとんでもない高額で、経済的な意味でも特別な存在となれるのではありますが、それだけではなく社会的な評価や国民からの尊敬の度合いが、日本とは多かれ少なかれ異なっていると言えるのです。

ヨーロッパの中でも特にサッカー人気が高い国の一つであるイングランドでは、大きな功績を果たした選手にナイトの称号が与えられたことが、これまでに何度かあります。
ナイトの称号は輝かしい業績を果たした人物に与えられるもので、その人物は基本的にミスターではなく、サーという特別な敬称で呼ばれることになります。
またヨーロッパの強豪国のスター選手の中には、その人生を描いたドキュメンタリーなどの映画の題材になる人もいます。

南米・ヨーロッパのビッグクラブ

世界にはビッグクラブと呼ばれサッカーファンや選手から尊敬を集めるチームが存在します。
ビッグクラブの特徴は人気と実力があり財政基盤が安定していることと、長い歴史と伝統を有していることにあります。

世界でも特にヨーロッパと南米にビッグクラブと呼ばれるチームが多数存在します。これらの地域は文化的にサッカーが人々の生活に深く根付いています。
そのため子供から大人まで年齢や性別を問わず多くの人々がプレイを楽しんでいるという特徴を有します。より多くの人々がサッカーを楽しむ地域では、競技人口も多いため優秀な選手を輩出しやすくなります。

一般的にヨーロッパにはチームプレイが得意なチームが多いとされます。一方ブラジルなど南米のチームは個人プレイが好まれる傾向があります。
地域や国、チームによって異なる文化や特徴が存在しますが、強豪チームを多数抱える地域では一般的にも広くサッカーが愛されているという点で共通しています。またヨーロッパなどではスポーツを対象として賭けが行われることが多く、サッカーに試合は頻繁に賭けの対象とされます。安定した強さを誇るビッグクラブの試合は人気があります。

日本でも近年フJリーグの人気が高まっていますが、今後ヨーロッパや南米のように世界的ビッグクラブが生まれるかどうかは、競技人口の増加にかかっています。

優勝予想しにくいプレミアリーグのサッカーは面白い

サッカーボール

欧州プロサッカーリーグの中には、圧倒的に強いチームが1つまたは複数存在し、優勝予想をするまでもなく強いチームが当たり前のようにリーグ優勝を果たすところがあります。主要リーグの中で一番顕著なのがドイツのブンデスリーガで、このリーグには大都市ミュンヘンを本拠地とするバイエルン・ミュンヘンという圧倒的なビッグクラブが存在します。そして、2番手以降のチームとの差が大きいため、高い確率でこのチームがリーグ優勝することが繰り返され、その点が面白くないと言われている面があるのも事実です。

一方、イングランドのプレミアリーグは人気リーグであるため、巨額な放映権料が手に入り、その収益が豊富に各クラブに分配される仕組みになっています。そのため、中位・下位チームでも潤沢な資金を持っているケースがあり、下位チームが巨額の移籍金で世界的な選手を獲得するようなことも起こります。そして、リーグ内の資金力格差が大きいリーグと違って、格差が小さいことに連動して上位クラブと下位クラブの実力差も小さいため、下位クラブにも優勝のチャンスがあります。具体的には2015-2016シーズンにおいて、優勝予想では完全にノーマークだった岡崎慎司選手所属のレスターというチームがシーズンを通して快進撃を続け、そのまま優勝を果たしました。